レンタル衣装を準備する際のコツ 東京で撮影用衣装をお探しなら

テレビや演劇、映画などの撮影で使用する衣装はどのように準備していますか?

レンタル衣装を利用するという方も多くいらっしゃると思いますが、はじめてレンタル衣装を利用するという方の中には、どのように準備すればいいのかわからないという方もいらっしゃるでしょう。

そこでこちらでは、レンタル衣装を準備する際のコツや利用する流れについて紹介します。東京で撮影用衣装をお探しの方は、ぜひ参考にしてください。

レンタル衣装準備のコツ

立てた人差し指と電球のイラスト

スケジュールを確認する

レンタル衣装を利用する際は、きちんとスケジュールを確認しましょう。撮影衣装は、当日までにきちんと用意しておかなければいけません。

すぐに希望の衣装が見つかるとは限らないため、余裕を持って衣装選びをすることをおすすめします。

小道具も確認する

撮影する内容によっては、小道具が必要になる場合もあるでしょう。例えば、時代劇などでは刀や提灯、番傘などが必要になることもあります。

撮影衣装と同様に何点必要か、どのシーンで必要か、どんな種類が必要かを確認し、事前にリストアップしておきましょう。

レンタル期間を確認する

撮影期間とレンタル期間をきちんと確認しましょう。レンタル期間を過ぎても返却がされないと延長料金が発生し、余計な費用が発生してしまいます。

東京衣裳のレンタル期間は原則3泊4日ですが、長期レンタルに関しても相談に対応しております。

レンタル衣装利用の流れ

空に浮かぶチェックリスト

こちらでは、東京衣裳を利用する際の流れについて紹介します。

  1. ご来店まずはお気軽にご来店ください。ご予約不要でご来店いただけます。
  2. 衣装の選択レンタル希望の衣装をお選びください。撮影用の衣装から一般の方へのレンタル衣装まで、20万点以上の衣装をご用意しております。1点からでも対応可能です。
  3. 試着ご試着いただき、サイズをご確認ください。若干の微調整は可能ですが、調整不可の商品もございます。
  4. お渡し店舗にて、レンタル希望の衣装をお渡しいたします。コレクト便にも対応しておりますので、遠方の方もご利用ください。
  5. ご精算ご精算は現金のみとさせていただきます。基本的に、ご清算後のキャンセル返金はお受けできません。万が一ご返金の場合は、必ず領収書をお持ちください。
  6. 返却レンタル期間が過ぎましたら、衣装をご返却ください。ご返却はなるべくご本人でお願いします。ご返却が遅れる場合は、当日の午後17:00までにご連絡をお願い致します。

東京で撮影用にレンタル衣装を利用したいとお考えなら東京衣裳へ

東京で撮影用にレンタル衣装を利用したいとお考えの方は、東京衣裳をご利用ください。和物・洋物問わず、季節やイベントに合わせた衣装を豊富にご用意しております。

演劇や撮影用のコスチューム、着ぐるみやジュニア袴などの多くの衣装がレンタル可能です。これまで様々なシーンに衣装協力をしてきた実績がありますので、東京で撮影用衣装をお探しの方はお気軽にお問い合わせください。

東京で撮影用のレンタル衣装をお探しの方は東京衣裳へ

会社名 東京衣裳株式会社
代表者 代表取締役社長 川田真之
本社住所 〒151-0066 東京都渋谷区西原3丁目21−8 MAP
TEL 03-3485-2101(代表)
E-mail info@tokyoisho.co.jp
URL https://www.tokyoisho.co.jp/
事業内容
  • ・TV、映画、演劇、舞踊、その他芸能全般の衣裳製作貸出及びコーディネート業務
  • ・ホテル等結婚式場における、ブライダル衣裳の製作と貸衣装
  • ・成人式、七五三、卒業式、パーティー用衣裳等の式服製作及び貸出
  • ・祭り、催事、ファッションショー、展示会等の企画、製作、立案、施工
設立 昭和26年(1951年)12月1日
資本金 2,000万円
従業員数 約280名

インターネットに関するお問い合わせ

■■■お電話、FAXによるお問い合わせ■■■
(平日・第三、第四土曜日 10:00~18:00 第一、第二土曜日・日・祝祭日は休業です)
TEL/FAX 03-3485-2105

■■■E-mail によるお問い合わせ■■■
event@tokyoisho.co.jp

ページトップスクロール
Copyright © 2019 貸衣装の専門店 各種コスチュームのレンタルなら 東京衣裳株式会社 . All Rights Reserved.