貸し衣装の選び方 卒業式などイベントにもおすすめ

貸し衣装は卒業式など各種イベントで大活躍!

貸し衣装は、卒業式をはじめとする様々なイベントで活用できます。一度や二度しか着用しない場合は、購入ではなくレンタルがおすすめです。こちらでは、卒業式におすすめの衣装とシーン別レンタルドレスの選び方をご紹介します。

何度も体験できない行事だからこそレンタルがおすすめ!卒業式の代表的な衣装

たくさんの衣装

卒業式で着用する主な衣装は以下のとおりです。レンタルでも卒業式向けの衣装が多数用意されているため、好みの衣装を見つけましょう。

1.定番の「袴」

卒業式といえば、やはり袴です。
袴は元々、明治時代の女子学生の制服でした。その後、時代を経て洋装が主体となり、袴は式典など特別なシーンで着用する衣装というイメージがついたのです。卒業式やお祝いの席など特別なシーンでの装いというイメージから、人生のうちで袴を着る機会はそれほど多くないため、購入するより貸し衣装を利用する方がほとんどです。

また、卒業式で着用する代表的な和装として、袴と並んで振袖などの着物も挙げられます。

2.クールに「スーツ」

大学の卒業式を終えると次は新社会人です。これを機にスーツを用意しているという方も多いでしょう。卒業式のためだけに袴やドレスを用意するよりも、実際の生活で使用することになるスーツを使うほうがお得感があります。

リクルートスーツだと少し地味になりがちなので、シャツだけ新調して華やかな雰囲気のものを合わせてみましょう。色物・柄物にしたり、少し華やかな素材のシャツにしたりすると雰囲気がガラッと変えられるでしょう。式典なので少し華やかになるように、アクセントとして彩りを加えてみてください。

3.華やかな「ドレス」

女性の場合、袴の次に人気があるのがドレスです。ドレスで出席すれば、式典後の謝恩会にもそのまま出席できます。とても華やかで女性らしい雰囲気が演出できるでしょう。

おしゃれに着飾りたいというときは、ドレスをおすすめします。デザインなどにもよりますが、袴よりも比較的低価格でレンタル・購入ができる点もドレスならではのメリットです。
ただし、あまりに肌を露出するデザインは卒業式や謝恩会といった式典にはふさわしくありません。露出は控えめにしつつ、上品で華やかなドレスを選びましょう。

卒業式は一生のうちにそう何度も経験することのない行事だからこそ、レンタル衣装がおすすめです。特に子供の場合は、衣装を購入しても成長するに従って着られなくなってしまいますし、大人でも体型の変化でサイズが合わなくなることもあるでしょう。その都度利用できるレンタルのほうが効率的だといえます。

そう何度も着る機会がないからこそレンタルがおすすめ!レンタルドレスの選び方

ワイングラスを持った青いドレスの女性

ドレスを着用する際は、TPO(時間・場所・状況)を意識しましょう。ここではシーン別のレンタルドレスの選び方をご紹介します。

1.結婚式

ゲストとして結婚式に出席する場合には、セミフォーマルの装いが一般的なドレスコードです。時間帯が昼か夜かでふさわしい装いが異なるため、注意が必要です。

午前中~夕方の時間帯は、セミアフタヌーンドレスがおすすめです。胸元や背中が開きすぎていない、露出が控えめのデザインを選びましょう。スカート丈もあまり短くないものを選び、肩が隠れるように袖があるものを選んでください。

一方、夜の結婚式の場合はカクテルドレスが一般的な装いです。セミアフタヌーンドレスよりもできるだけ華やかなものを選んでください。昼間より露出が増えてもよいとされていますが、あまりに露出の激しい衣装は避けましょう。結婚式の主役は新郎新婦です。主役より目立たないよう、華やかでありつつも目立ちすぎない装いを心がけましょう。

2.パーティー

結婚式以外のパーティーに出席する場合も、基本的に結婚式と同様の装いで構いません。ただし、ビジネス関連のパーティーの場合、スーツやセットアップにしたり、ドレスやワンピースにジャケットを合わせたりしましょう。少しかっちりとした装いを心がけてください。

3.子供の入学式・卒業式

子供にとって大事なセレモニーである入学式や卒業式に参列する場合、一般的なのは、スーツやワンピースなどのフォーマルスタイルです。色の決まりはありませんが、卒業式は黒・ネイビー・グレーが主流とされています。

一方、入学式は春らしさを感じられるように、明るめのグレーやベージュ・白などがおすすめです。

4.レストランでの食事

ホテルやレストランで食事をする場合、お店の格式によってドレスコードが異なります。

ランチ
かしこまりすぎないように少しカジュアルな装いを心がけましょう。ただし、ラフすぎるとお店によっては浮いてしまう場合がありますので、スマートカジュアルやカジュアルエレガンスがおすすめです。

ドレスコードがないお店の場合は、清潔感のある服装を目安にするとよいでしょう。
ハイグレードなレストランの場合は、エレガントさが出るようにワンピース・セットアップなどの着用がおすすめです。

ディナー
ディナーになると、レストランは一気にムードが高まります。レストランで記念日をお祝いする方もいるため、ドレスコードを指定しているお店も多いでしょう。
ランチと同様にハイグレードなレストランであれば、ドレスも上品で格式の高いものを選ぶのがポイントです。

特別な日はいつもとは違ったより華やかで高級感のある装いをしたいもの。特別な日の装いにおすすめなのが、華やかなドレスです。
ドレスのレンタルには、その時代のトレンドを取り入れたドレスが着用できる、毎回違うドレスが楽しめる、体型の変化にも対応できる、メンテナンスや保管が不要である、など多くのメリットがあります。

ドレスは普段着とは違い、着る機会が少ないからこそ、レンタルがおすすめです。

様々なイベント・TPOに合わせて活用できる!貸し衣装なら東京衣裳へ

日常生活において、特別な衣装を用意する機会はそれほど多くありません。しかし、たまにしかない特別な日だからこそ、とびきりのおしゃれで挑みたいものです。
とはいえ、毎回衣装を購入していては費用がかさんでしまいます。一度・二度程度しか着用しないものであれば、レンタルがおすすめです。

東京衣裳では、様々なイベントに着用できる貸し衣装をご用意しております。貸し衣装会社をお探しの方は、ぜひ東京衣裳にご相談ください。

貸し衣装に興味がおありなら東京衣裳へ

会社名 東京衣裳株式会社
代表者 代表取締役社長 川田真之
本社住所 〒151-0066 東京都渋谷区西原3丁目21−8 MAP
TEL 03-3485-2101(代表)
E-mail info@tokyoisho.co.jp
URL https://www.tokyoisho.co.jp/
事業内容
  • ・TV、映画、演劇、舞踊、その他芸能全般の衣裳製作貸出及びコーディネート業務
  • ・成人式、七五三、卒業式、パーティー用衣裳等の式服製作及び貸出
  • ・祭り、催事、ファッションショー、展示会等の企画、製作、立案、施工
設立 昭和26年(1951年)12月1日
資本金 2,000万円
従業員数 約280名

インターネットに関するお問い合わせ

■■■お電話、FAXによるお問い合わせ■■■
(平日・第三、第四土曜日 10:00~18:00 第一、第二土曜日・日・祝祭日は休業です)
TEL/FAX 03-3485-2105

■■■E-mail によるお問い合わせ■■■
event@tokyoisho.co.jp

ページトップスクロール
Copyright © 2019 貸衣装の専門店 各種コスチュームのレンタルなら 東京衣裳株式会社 . All Rights Reserved.